地方にサテライトオフィスを構えるメリット

今、地方にサテライト・オフィスを構える企業が増えています。そもそもサテライト・オフィスとはどのようなものなのか、また、設置するとどんなメリットを期待できるのか詳しく解説します。

サテライト・オフィスとは

p2-image4サテライト・オフィスとは、都心部にある企業・団体の本拠地から離れた地方に設置されたオフィスのことです。本拠地を中心地として、サテライト=衛星のように見えることから、このような名前で呼ばれています。

サテライト・オフィスのメリット

サテライト・オフィスはさまざまなメリットを企業にも労働者にももたらします。そのうちのいくつかを紹介しましょう。

・時間効率化
遠距離通勤で疲弊するよりも、自宅近くのサテライト・オフィスで働くことができれば、社員を満員電車などで疲弊させることもありません。また、企業側も高い交通費をカットできます。

・固定費削減
最近ではスカイプなどを利用した打ち合わせ、会議も当たり前のものになりつつあります。遠方でも即時性のやりとりをできるので、都心部にいくつもオフィスを構える必要はなく、固定費の削減にも貢献しています。

・バックアップ機能
日本列島はいつどこに災害が起きても不思議ではありません。本拠地だけではなくサテライト・オフィスもあれば、いざという時のバックアップ機能も期待できます。

・優秀な人材確保
都心部だけなく地方に埋もれている優秀な人材を確保できるチャンスにもなります。

サテライト・オフィスを地方に誘致するには

image1さまざまな企業が興味を示しているサテライト・オフィス。もし、誘致することに成功すれば、地方にもたらす経済効果も大いに期待できます。「選ばれる地方」になるためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

ひとつには高速インターネット環境を整備するというのは欠かせません。なぜならば、サテライト・オフィスはインターネットを利用してこそ、そのさまざまなメリットを最大限に発揮できるからです。

たとえば、首都圏の数多くの企業がサテライト・オフィスを開設している徳島県では、CATVによる通信網を県内全域に敷設し、県内のどこからでも高速インターネット環境を利用することが可能になっています。自然環境、歴史情緒溢れる古民家が多いことなどもウェブサイトでアピールし、たくさんの企業の誘致に成功しました。

地方再生のためのサテライト・オフィス

サテライト・オフィスが開設されれば、当然、若い労働人口が流入します。ほとんどの住民が高齢者という限界集落問題を抱えていた過疎地域でも、サテライト・オフィスによって平均年齢が一気に若返った例は少なくありません。

また、サテライト・オフィスで働く人たちにとっても、仕事の合間に温泉につかったり、豊かな自然環境の中でレジャーを楽しむことができるのは心身の健康に良い効果をもたらしています。まさにWin-Winの関係を作っているといっても過言ではないサテライト・オフィスは今後もますます注目されると予想できます。そのような中にあって、選ばれる地方となるためには、ウェブサイト等で積極的にアピールしていくことがまずは第一歩です。他の地方にはないメリットは何なのか、わかりやすい差別化を提示できればさらに理想的です。

▶ 茨城県北クリエイティブプロジェクト