温暖な太陽のふるさと、宮崎県への移住のおすすめ

現在、若者や子育て世代、リタイヤ世代などいろいろな人に地方移住が注目されています。ゆっくりとした雰囲気で過ごしたいと思っている人が増えてきているからです。なかでも温暖で過ごしやすい県、宮崎県は移住するにもふさわしいところです。山や海が豊かでおいしいものが豊富にありますし、人もあたたかいです。このような宮崎県の魅力を見ていきましょう。

宮崎県は、過ごしやすいところです

AS_97085596宮崎の気候が温暖であることは、だれもが知っています。雪が降ることもめったになく、地震などの災害も少ないです。なかでも、移住先として宮崎県をお勧めする理由は、まず物価が安いという点です。総務省の「平均消費者物価地域差指数」をみても、宮崎県は最も低く、消費者にとって物価が安く住みやすいです。住宅もその点においては例外ではなく、3万円程度で家族が住むことができるアパートや一軒家を借りることができます。

そして、子育てしやすい県としても定評があります。未就学児の医療費が無料など、子育て支援も充実しています。のびのびとした大自然が広がっているだけでなく、子育て支援センターも宮崎市内だけで30か所以上あるなど、子育てしやすい県なのです。ですので、子育てを自然の中でのんびりとしたいと思っている人にとって、まさに宮崎県はうってつけの場所であるといえます。

農林水産業など産業が盛んです

宮崎県は、日照時間が全国一位であることや自然豊かなその土地柄から「太陽と緑の国」と言われています。宮崎県は全国有数の農業県として知られています。ピーマンの生産量は全国一位ですし、温暖な気候を生かしたきゅうりなどの促成栽培が盛んです。農業を産業として六次産業化や特産化が進んでおり、「太陽のたまご」と呼ばれる特産品マンゴーも有名です。林業や畜産業も盛んです。これらの第一次産業は、盛んである一方で高齢化が進んだり高齢者不足に悩んでいます。ですので、農業を振興するためにも、宮崎県は全体で新規就農者をサポートしています。宮崎県農業振興公社担い手支援課では、宮崎県新規就農センターを立ち上げて、新規就農への相談窓口としています。実際に体験できるみやざき農業実践塾で体験活動を行っており、さらに新規就農を目指す人ための1,2年の研修を行っています。就農後もサポートを受けることができますので安心です。林業の担い手をサポートする宮崎県林業労働機械化センターや漁業へのサポートもあります。

宮崎県で進めている移住サポート

AS_103813205宮崎県の人の多くは、サービス業、すなわち第三次産業に属しています。そのため、宮崎県ではハローワークや企業などと連携して、今までの職を生かした就職のあっせんを行っています。そのほかにも、自ら起業をしようとする人をサポートすることもあります。

特に、みやざき暮らしUIJターンセンターでは、東京支部、宮崎本部で移住者に向けたさまざまなサポートを行っています。市町村と連携して移住者の定住支援を行っています。さらに、本部では職場開拓や人材のマッチングを行っています。雇用の受け皿を作ったり就職支援を行っています。

そのため、宮崎に移住したいと思った人は、みやざき暮らしUIJセンターで情報の一元化も行っています。移住をした後も、さまざまな相談にも乗ってくれます。安心して田舎で暮らしていくためのサポートが充実しています。
宮崎県では、盛んな農林水産業だけでなく民間企業にも働きかけて移住者の職を探そうとしています。そのため、なんとなく移住を考えている人から、本格的に移住を考えている人までしっかりと対応してくれます。気候だけでなく、人もあたたかいので移住におすすめです。