地方へ移住した芸能人たちの暮らしぶりとは

テレビ番組などでよく地方へ移住した芸能人の特集を行っていることがあります。
芸能人の仕事と言うと都会に集中しているイメージがありますが、なぜ彼らは地方に移住しながら生活をしているのでしょうか?
今回はそんな地方へ移住した芸能人の暮らしについてご紹介します。

■意外と多い!地方移住した芸能人

AS_114823564地方へ移住した芸能人の多くは都会での仕事をしていないという方も多いですが、中には都会へ通いながら仕事と地方での田舎暮らしを両立させている方もいらっしゃいます。
しかし、それならわざわざ地方で暮らさなくても良いのでは?と考えてしまいます。
確かに、何時間も掛けて都会まで移動し、仕事をしてまた家に帰るのに何時間も掛けなくてはならないのでとても大変になってしまいます。
ですがそれ以上に地方で暮らすことの良さを知っているからこそ、都会での仕事よりも地方で暮らすことが大切になるのかもしれません。
では具体的にどんな理由が存在しているでしょうか?

例えばですが、都会のイメージが強い芸能人でも、元々地方出身という方は多くいらっしゃいます。
そのため田舎暮らしに憧れるというよりは、子どもの頃育ったような環境に戻りたい、または自分の子どもにも昔自分がそうだったように、伸び伸びと生活できるような環境で子育てをしたいと考えるのです。
また、芸能人だとマスコミに追われてしまうこともありますが、田舎であればそのような心配もありません。
心に余裕を持って生活することができるのです。

■どのような暮らしをしている?

それでは、実際に地方で暮らしている芸能人の暮らしぶりを探っていきましょう。
まず一人目は女優やタレント、コメンテーターなどマルチに活躍している高木美保さんです。
高木さんは1998年から栃木県那須塩原市に移住し、現在も栃木から東京に通いながら芸能人としての仕事をこなされています。
地方移住に至った理由は、自身のパニック障害の治療に専念するためです。
地方への移住をきっかけに農業に取り組み、本人も「農業が本業でタレントは副業」と言うほど、農業に力を注いでいます。
農業では野菜を栽培することはもちろんですが、自然農法にこだわっており、農薬や化学肥料は使わない農業で自然や体に優しい農業を行っているそうです。

AS_43486637次に紹介するのがシンガーソングライターの加藤登紀子さんです。
加藤さんも高木さんと同時期である1998年に千葉県にある鴨川市へ移住しました。
雑木林だった土地や休耕田を開拓し、新たに農地として様々な野菜・果物を育てているそうです。
音楽活動を続けながらこうした農地での畑仕事、さらには夫の藤本さんから鴨川市にある鴨川自然王国にて代表も務めています。
このような様々な取り組みから、世界の環境問題に貢献しようと世界中をまわり様々な環境問題に触れ、現在は国連環境計画(UNEP)親善大使も務めるようになりました。

続いて紹介する三好礼子さんですが、元国際ラリーストで美人レポーターとして活躍されていました。
現在は芸能界を引退し、静岡県富士宮市の朝霧高原へ移住されています。
2005年にはオーガニックなメニューを提供するカフェをオープンし、2013年になると今度は長野県松本市へ移住しました。
2015年になると再び自給自足の食材を使ったカフェがオープン、名物である目玉焼きカレーやお取り寄せも可能な山羊のカッテージチーズなどを販売しています。

今回紹介した方々はもちろん、この他の地方へ移住した芸能人の方々は、都会での仕事が充実しているのはもちろんですが、都会では味わえないゆったりとした時間で都会での仕事とメリハリを付けているように感じます。
地方へ移住した芸能人の暮らしを参考に、地方への移住を検討されてみてはいかがでしょうか。