婚活イベントで町おこし!

婚活ブームの火付け役として話題となっている「婚活イベント」は、主に民間企業が企画し開催されていました。しかし最近では民間企業だけではなく、各地方自治体でも行われていることをご存知でしょうか?町おこしの一環として行われている各地方自治体の婚活イベントについてご紹介します。

何故自治体が婚活イベントを開催するのか

そもそも、自治体が婚活イベントを開催する大きな理由はやはり地域の人口増加につながることが考えられます。近年未婚・晩婚化が進んでおり、出生率の低下につながっているとされています。特に地方ではそれが如実に表れており、高齢化も伴って事態は深刻化しています。

AS_79471011婚活イベントはそんな地方の出生率低下に歯止めをかけるためのイベントとして注目されていることから、自治体でも取り組みが行われるようになったのです。地域の人口が増加すればその分地域も活性化し町おこしにつながりますし、この出会いがキッカケで結婚につながれば地域の少子化対策にもつながります。地方自治体にとってはメリットも多いため、婚活イベントを開催する自治体が増えているのです。

自治体と民間企業の婚活イベントは何が違う?

では自治体が運営する婚活イベントと、民間企業が運営する婚活イベントではどんな違いがあるのでしょうか。それぞれの特長を比較してみましょう。

まず自治体が運営する婚活イベントにおいて一番のメリットは、イベント参加料がかなり安いということです。民間企業とは違い利益を上げるために開催されているわけではありません。上記の婚活イベントによる地域の活性化を目的としているので、参加料も安くなるのです。

参加料の安さもありますが、イベント内での飲食もかなり豪華で、例えば地域の名産品を使った料理が出されたり、自分たちで収穫を楽しむといった婚活イベントも中にはあるようです。

AS_91799147一方民間企業が運営する婚活イベントは、営利目的としているため費用は高くなりがちですが、その分婚活イベントを運営する技術は持っているので進行もスムーズで、さらにカップルを作りやすい雰囲気・イベント作りがとても上手く、実際カップル成立も多いということが挙げられます。

どちらの婚活イベントもそれぞれ良点があるので、婚活イベントに参加してみたいという方は両方のイベントに参加してみると良いでしょう。両方のイベントに参加することでイベントの違いも分かりますし、参加者にも違いが見られます。自治体が運営しているイベントはどちらかと言うと気軽に参加できるものが多いのですが、民間企業が運営しているイベントはしっかり婚活を進めていきたいという方が多く見られます。もちろん自治体でも本気で結婚を考えて参加されている方もいらっしゃいますが、民間企業のものと比べるとカジュアルな雰囲気で行われているため参加者も気軽に参加されている方が多く見られます。

各自治体の工夫を凝らした婚活イベント

婚活イベントというと、自己紹介を行った後に立食パーティーなどが行われ、ゲームやフリートークを楽しんだ後、告白タイムに移るという流れが多いのですが、各自治体によってはかなり工夫され、他とは一味違う婚活イベントも開催されています。例えば、男女混合のミニサッカーゲームをした後パーティーを行うというスポーツで汗を流しながら交流を深めていくものや、話題の古民家カフェで落ち着いた雰囲気の中行われるもの、農業体験をしながら行われるものなど、各自治体によって町の特徴を活かしたイベントが開催されているのです。普通の婚活イベントには飽きてしまった、気軽に婚活イベントを楽しみたいという方は、ぜひ一度自治体が運営する婚活イベントに参加してみましょう。