地方の求人を探す

【十津川村】地域おこし協力隊2名募集!【7月31日締切】

   

 十津川村は、奈良県の最南端、紀伊半島のほぼ中央に位置し、面積672.38平方キロメートルで、奈良県の約5分の1の広さを占めている日本一大きな村です。

  観光面では、村内に奈良県下唯一の高温湧出泉が3ヶ所あり、平成16年6月に全国に先駆けて村内宿泊施設・公衆浴場で100%源泉かけ流しの宣言を行うとともに、同年7月には村内を通る「大峯奥駈道」と「熊野参詣道小辺路」が“紀伊山地の霊場と参詣道”として世界遺産に登録されました。面積の約96%が山林という自然に溢れた十津川村も、少子高齢化の波にのまれ、人口3,340名、高齢化率44.4%となっています。

 十津川村には、先に述べた観光地以外にも、谷瀬の吊り橋や瀞峡、笹の滝、玉置神社といった観光資源があり、これらをさらに展開して、うまく活かしきっていく必要があります。また、村の資源を活用した新たな十津川ブランド商品も作っていかなければなりません。

 若者たちの雇用の場も狭く、住みたくても住めない、稼げない、そんな状況を打開していきたいと思っています。村にある県立十津川高等学校も生徒減少により存続の危機となっています。十津川高校がなくなる時は村がなくなるときであると考え、十津川村も十津川高校と一緒になって魅力化を進めていきます。

 本当に待ったなしの状況のなか、現在4名の地域おこし協力隊が活動をおこなっており、彼ら彼女らとも力をあわせて、十津川村のために自身の能力を存分に発揮し、活動を行ってもらいたく、次のとおり「地域おこし協力隊」を募集します。

 

※7月18日追記

 6月末より応募に関するお問い合わせを多数頂いているため、7月31日(水)で一旦募集を締め切ります。

 現在応募を検討いただいている方は、7月31日までに応募書類をご提出ください。

 応募に関してご不明点等あれば、問い合わせ先まで御連絡ください。

 なお、来年度以降の募集については現在未定です。

 

募集要項

  • 関連ファイル
  • 雇用関係の有無
    あり
  • 業務概要
    ①ホテル昴での勤務
    ②村の資源を活かした特産品の開発研究及び販売
    ③観光振興支援
    ④商工業支援
    ⑤十津川高校魅力化支援
    ⑥雑穀プロジェクト
    ⑦コミュニティーナース
  • 募集対象
    次の条件を全て満たす方を採用の条件とします。
    (1)心身共に健康で誠実に職務を行うことができる方
    (2)申込時点で、都市等(※)に住民登録をし、委嘱後に十津川村に生活の拠点を移し、かつ住民登録票を移動できる方
    (3)地域おこし協力隊として活動終了後も、十津川村に定住し、就業・起業しようとする意欲のある方
    (4)地域の特性や風習を尊重し、地域住民と積極的にコミュニケーションを図れる方
    (5)地域づくりの主役は地域住民であることを理解し、地域住民と協働で活動できる方
    (6)土日及び祝日の行事参加や夜間の会議など、不規則な勤務に対応できる方
    (7)地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方
    (8)年齢が18歳以上55歳以下の方
    (9)普通自動車免許を取得している方(又は採用までに取得見込みの方)
    (10)メールのやり取り等、パソコン(ワード、エクセル等)の一般的な操作ができる方

      ※上記の「都市等」とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県並びに政令指定都市及び該当都市のうち、過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法、奄美群島振興開発特別措置法、小笠原諸島振興開発特別措置法及び沖縄振興特別措置法に指定された地域外の地域をいう。(該当するかご不明な場合はお問い合わせください。)
  • 募集人数
    2名
  • 勤務地
    十津川村役場(奈良県吉野郡十津川村大字小原225-1)/十津川村内他
    ※活動内容により異なります。
  • 勤務時間
    (1)勤務日数:原則週5日(1か月20日を上限)
    (2)勤務時間:原則8時30分から17時15分(1日7時間45分)
  • 雇用形態・期間
    (1)雇用形態:十津川村の非常勤職員
    (2)雇用期間:採用日から2019年9月30日まで(半年単位で更新)
    (3)協力隊員としてふさわしくないと判断した場合は、雇用期間中であってもその職を解くことができるものとします。
    (4)但し、平成31(2019)年度以降の採用につきましては、来年度予算成立後とさせて頂きます。あらかじめご了承ください。
  • 給与・賃金等
    日給10,000円
    ※通勤手当は支給しますが、その他の諸手当(賞与、退職手当)は支給しません。
  • 待遇・福利厚生
    (1)健康保険、厚生年金、雇用保険に加入します。
    (2)日常の生活や通勤の移動手段として、自家用車等は必要不可欠です。
       自家用車等を持ち込んでください。(※用意できない場合は要相談)
    (3)活動に使用する車両は、必要に応じて村が用意します。
    (4)活動中の住居は、必要に応じて村が用意します
      (家賃が発生する場合は、金額に応じて家賃の一部を住居手当として支給します)。
    (5)活動に要する経費に対し、村から予算の範囲内で活動経費を支給します。
    (6)住居に係る光熱費、通信料等については自己負担とします。
    (7)勤務時間以外は、自身の定住につながる活動が可能です。
  • 申込受付期間
    2019年01月24日 ~2020年03月31日
  • 審査方法
    提出書類は、十津川村役場2階総務課企画グループに持参するか、郵送してください。
    (1)第一次選考
       書類選考の上、結果を随時応募者全員に通知します。
    (2)第二次選考
       第一次選考合格者を対象に、十津川村にて第二次選考(面接)を行います。
       詳細については、第一次選考結果の通知の際にお知らせします。
       なお、第二次選考(面接)に要する交通費等は個人負担となります。
    (3)最終選考結果の報告
       最終結果報告は、第二次選考のしばらく後に通知します。

    【応募先】   
     十津川村役場 総務課企画グループ
     〒637-1333 奈良県吉野郡十津川村大字小原225-1 
     ℡ 0746-62-0910(直通)
  • 参考URL
    https://www.vill.totsukawa.lg.jp/news/index.php?c=topics_view&pk=1533257830