地方の求人を探す

【募集開始予定!】京都市北部山間かがやき隊員 ~京都で地域おこし はじめませんか~

京北山国の風景

~京都市北部山間地域とは~

  地域おこし協力隊を目指されている皆さん。こんにちは!
 「京都」と言えば,皆さんが思い描くのは,1200年を超える悠久の歴史と伝統,文化の香り漂う優雅な京都ではないでしょうか? ですが,それも京都の魅力のほんの一部にしかすぎません。

 京都の暮らしを平安京の時代から支えてきた里山が,市街地から車で約1時間ほどの場所にあるのをご存知でしょうか?
 花や緑,蛍が舞う清流,北山杉の山林や田畑などの美しい自然に恵まれた里山。その中に素晴らしい文化や伝統が受け継がれ,あたたかな人の絆が息づき,静かでのんびりとした暮らしが営なまれています。

 それが「京都市北部山間地域」です。

※詳しくは京都市の移住相談サイト「住むなら京都~京の田舎暮らし~」をご覧ください。

かがやき隊員

~京都市北部山間かがやき隊員について~

 そんな魅力溢れる北部山間地域ですが,一方で,急速な人口減少や高齢化の進行に歯止めがかからず,地域の活力の低下が懸念されています。

 京都市では,地域おこし協力隊等の国の制度等を活用し,北部山間地域に居住し,地域の活動支援や移住促進,地域の魅力発信等に取り組む「北部山間かがやき隊員」を採用し,豊富な地域の資源を活かした地域振興に向けた取組を進めています。

 現在,北区(小野郷・中川・雲ケ畑),左京区(花脊・別所,久多,広河原,大原),右京区(宕陰,水尾,京北)の各地域で9名の隊員が地域の活動支援,移住促進,魅力発信等に取り組んでおり,それぞれの地域で少しずつですが,地域おこしへの機運が高まってきています。

 【隊員の活動状況 ~かがやき新聞アーカイブ】

 ・金井亮介隊員:北区(中川、小野郷、雲ケ畑)地域担当(2年目)

 ・小林 駿隊員:左京区(花脊・別所、広河原)地域担当(3年目)

 ・南 佳孝隊員:左京区(久多)地域担当(2年目)

 ・田邉成悟隊員:左京区(大原)地域担当(1年目)

 ・五明昇祐隊員:右京区(宕陰、水尾)地域担当(1年目)

 ・三谷博文隊員:右京区(京北)地域担当(3年目)

 ・菅本千尋隊員:右京区(京北)地域担当(3年目)

 ・小林悠歩隊員:右京区(京北)地域担当(2年目)

 ・常盤成紀隊員:右京区(京北)地域担当(1年目)
 

 今年度末で第1期生の隊員3名が任期期間終了を迎えますが,これからも隊員による地域活性化の取組を続けていくため,来年度の隊員採用に向けて調整を進めています。3月下旬頃には,詳細をお知らせできるかと思います。
 京都の市街地からほど近く,豊かな自然を体感できる素晴らしい環境で,地域おこしにチャレンジしたい方からの募集をお待ちしています。

  昨年度の募集案内はコチラ
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000234858.html

 

~先輩隊員からのメッセージ~

●まずは地域活動に参加して交流を!

 近所付き合いや地域の草刈りなど,地域の方とのお付き合いや支えあいが特に大切ですので,地域の行事にはしっかりと参加しましょう。自分の場合は,町内会はもとより,消防団にも加入しています。台風などの災害があった場合には,遅くまで見回りへ行ったりと大変なところはありますが,消防団での活動を通じて広く人間関係を築くことができ,自分のことを地域の方に知っていただくことができました。

●当たり前のことをきっちりと!

 道で会えばあいさつ,会議の時間には遅れない,期限は守る,年上の方には敬意を払うといった基本的なことが,田舎に限らないことですが,とても大切です。当たり前のことができないと信頼関係は築けませんし,自分のことを受け入れてもらうこともできません。

●自分のペースでこつこつと!

 隊員が地域に入ればすぐに地域が活性化されるわけではありません。隊員への期待は受け止めながら,まずは地域にとけこむことからスタートし,自分のペースで,できることからやっていきましょう。時には,できないことは,きっちりと説明したうえで「できない」というのも大事なことです。

●季節を身に染みて感じます。

 北部山間地域は高原型の気候で,夏季は快適に過ごすことができますが,秋以降は京都府下でも寒さが厳しいエリアとなり,自然の厳しさを身をもって知ることとなります(冬はカメムシが家に侵入したり,水道やガス給湯器が凍結したり…)。とはいえ明確な四季を身体で感じ,それに一喜一憂するのもこの地域の魅力のひとつです。

●周りに若い人がいない…。困ったらまずは相談!

 20代になかなか出会えず,最初は戸惑いましたが,都会にはない人間関係を楽しめます。娘や孫のように接してくださる方もおり,親戚・家族のような不思議な感覚です。悩みや疑問を話せる地域の父ちゃん,母ちゃん,じいちゃん,ばあちゃんを作ってみましょう。市職員さんや他の自治体の協力隊員などに率直に悩みを聞いてもらうことも大切です。

●なんやかんやいっても3年。楽しもう!

 隊員活動は難しくもやりがいがあり,仕事を共にする市職員の皆さんと良い職場環境の下で楽しく仕事をしています。充実した任期を過ごすには,業務や地元行事など何でもやってみて下さい。きっと,自分を変えるきっかけが待っています。いつか思い返した時「ここで働いてよかった」と思える3年間を皆様にも過ごして頂きたいと思います。

 

 ※平成31年度の隊員採用については,市会の審議を経て来年3月下旬に決定します。
 ※申込受付期間は現時点での予定ですのでご注意ください。

募集要項

  • 雇用関係の有無
    あり
  • 業務概要
    ※以下は昨年度募集時のものです。
     今年度募集に際しての概要は現在調整中です。

    地域の活動支援 地域行事のお手伝いやイベント企画等
    地域の移住促進 移住相談コーナーの取組,空き家活用等
    地域の魅力発信 特産品のPR,地域の魅力発掘等
    ※区役所・出張所におけるまちづくり活動の支援等もあります
  • 募集対象
    ※以下は昨年度募集時のものです。
     今年度募集に際しての概要は現在調整中です。

    ・生活拠点を都市地域から活動地域へ移し住民票を異動できる方
    ・心身ともに健康で情熱を持って仕事のできる方
    ・活動期間終了後も活動地域に定住する意欲のある方
    ・パソコンでの一般的な操作(メール,SNS等)ができる方
    ・普通自動車運転免許証を取得し,実際に運転できる方
    ※現在,過疎地域等の条件不利地域に居住の方は応募できません。
  • 勤務時間
    ※以下は昨年度募集時のものです。
     今年度募集に際しての概要は現在調整中です。

    1週間の勤務日数4日(週31時間)
    8時30分~17時15分(勤務状況に応じてシフト制あり)
    ※地域支援や移住相談のため夜間休日に勤務する場合があります。
  • 雇用形態・期間
    ※以下は昨年度募集時のものです。
     今年度募集に際しての概要は現在調整中です。

    京都市非常勤嘱託員として任用
    平成30年7月1日~平成31年3月31日
    ※勤務状況等を踏まえ年度末に更新可
    ※最長で2021年3月末まで更新
  • 給与・賃金等
    ※以下は昨年度募集時のものです。
     今年度募集に際しての概要は現在調整中です。

    月額180,000円(別途手当の支給有 健康保険等加入)
  • 待遇・福利厚生
    ※以下は昨年度募集時のものです。
     今年度募集に際しての概要は現在調整中です。

    ・市で確保する住居に居住していただき,家賃を市が負担します。
    ・隊員活動用の公用車は,市が用意します。
    (公用車とは別に日常生活で自家用車が必要となります。)
  • 申込受付期間
    2019年03月22日 ~2019年04月09日
  • 審査方法
    ※以下は昨年度募集時のものです。
     今年度募集に際しての概要は現在調整中です

    ・「北部山間かがやき隊員 応募レポート」作成
     ※A4用紙1~2枚に1,200字から1,600字以内(様式不問)
     隊員として活動を行うにあたっての考え方を,志望動機,地域での生活,自分自身の知識・経験等,活動に対する抱負,任期終了後について等のポイントを踏まえてまとめてください。
    ・書類審査
      応募受付後,応募資格の確認と提出いただいたレポートの書類審査を行い
     ます。
    ・応募者向け現地案内
    応募者の皆様に,活動地域,勤務公署,隊員用住居等を実際にみていただき
     ます。
      ※参加費は無料ですが,参加に係る往復の交通費等は個人負担です。
      ※原則として公共交通機関を利用してご参加ください。
    ・個別面接
  • 参考URL
    住むなら京都~京の田舎暮らし~
    https://cocoronosousei.com/slowlife/
    昨年度の募集案内
    http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000234858.html