地方の求人を探す

【9/5締切】焼き鳥で町おこしに取り組む長門市で、焼き鳥職人を目指す地域おこし協力隊を募集

やきとりのまち長門の焼き鳥

 山口県長門市は、本州最西端の山口県の西北部に位置し、温暖な気候と海や山などの豊かな自然環境に恵まれ、これらを活かした農林水産業と、五つの温泉郷や貴重な歴史・文化資源を活かした観光産業を基幹産業として発展してきました。
 また、昔から蒲鉾(かまぼこ)の生産が盛んで、鶏のえさとなる魚のアラが安く潤沢に手に入るという環境も手伝って、養鶏専門の協同組合が誕生するほど養鶏業が盛んになり、新鮮な鶏肉が多く手に入ったことから焼き鳥店舗数が増え、ついには人口1万人あたりの店舗数が日本トップクラスになるほどの「やきとりのまち」になりました。

 そんな長門市では、これまで地域おこし協力隊として7名の隊員が退任を迎え、その全ての隊員が起業・就職・結婚等により市内に定住しており、現在も7名の隊員が市内各所で、地区担当や事業担当として、それぞれの地域協力活動に励んでいます。

 今回の隊員募集では、「やきとりのまち長門」だからこそ輝ける隊員として、中間支援団体となる市内企業(焼き鳥店舗経営)の支援を受けながら、「やきとりのまち長門」の情報発信や交流イベントの企画、焼き鳥店舗での実務研修による焼き鳥技術の習得及び店舗運営スキルの習得などに励んでいただき、退任後の起業・事業承継・就業による焼き鳥職人を目指す意欲のある隊員を募集します。

募集要項

  • 関連ファイル
  • 雇用関係の有無
    あり
  • 業務概要
    長門市は、人口1万人あたりの焼き鳥店舗数が日本トップクラスであることから、長門やきとり横丁連絡協議会と連携し、これまで「世界一長いやきとり」「やきとり列車」「やきとり教室」などを実施し、「やきとりのまち長門」の推進に取り組んできました。
     近年、高齢化や後継者不足の影響を受け、焼き鳥店舗数が減少傾向にあり、「やきとりのまち長門」を支えてくださった熟練の職人の数も減ってきている今だからこそ、この町に求められる地域おこし協力隊として、『やきとりのまち長門推進担当』として活動していただく隊員を配置することとしました。
     当隊員には、やきとりのまち長門に関する情報発信や、退任後の起業・事業承継を見据えた焼き鳥技術の習得及び店舗運営スキルの習得などを活動の柱とし、中間支援団体となる市内企業「株式会社Homey」の支援を受けながら、やきとりのまち長門の推進に関する取り組みを行っていただきます。

    ○活動内容

    Ⅰ.やきとりのまち長門の情報発信に関する活動
      各種ツールを活用した情報発信、各種イベントへの参加等

    Ⅱ.焼き鳥技術の習得及び店舗運営技術の習得に関する活動
      焼き鳥店舗での実務研修、各種研修・セミナー受講等

    Ⅲ.交流イベントの企画に関する活動
      やきとりを通じた交流イベントの企画等
  • 募集対象
    次の①~⑥の要件をすべて満たす方
    ①原則として、年齢が20歳以上45歳以下の方
    ②3大都市圏をはじめとする都市地域等に住民票を有し、委嘱後に長門市に住民票を移すことができる方
    ③普通自動車運転免許を取得している方
    ④ワード、エクセル、インターネットなどの基本的なパソコン操作ができる方
    ⑤心身ともに健康で、地域住民と協力しながら活動できる方
    ⑥雇用期間終了後、起業・就業し、定住する意欲のある方
  • 募集人数
    若干名(1名以上)
  • 勤務地
    株式会社Homey事務所内(長門市東深川799-1)
    ※上記事務所を拠点に、市内焼き鳥店舗での実務研修や市内外で開催される焼き鳥出店イベントへの参加などを行っていただきます。
  • 勤務時間
    週5日、週31時間
  • 雇用形態・期間
    長門市の嘱託職員(非常勤職員)として雇用します。
    令和元年10月1日~令和2年3月31日(着任日は応相談)
    ※年度ごとに勤務実績等を踏まえて更新します。(最長3年まで雇用可)
  • 給与・賃金等
    月額:166,500円
  • 待遇・福利厚生
    ・福利厚生:社会保険(健康保険、厚生年金)、雇用保険に加入します。
    ・住  居:市が費用負担し、市内に用意します。
          (引越費用、光熱水費、生活用品等については自己負担)
    ・手  当:通勤距離が片道2km以上となる場合には、市の規定に基づく通勤手当相当額を
          支給します。
    ・そ の 他:活動に必要な車両、事務用品、作業着等を支給します。
  • 申込受付期間
    2019年08月01日 ~2019年09月05日
  • 審査方法
    【応募期間】
     令和元年8月1日(木)~令和元年9月5日(木)

    【応募方法】
     「令和元年度長門市地域おこし協力隊申込書」の必要事項を記入し、履歴書と論文(「地域おこし協力隊として取り組みたいこと」をテーマとして800字程度、様式自由)を添付のうえ、長門市役所企画政策課に郵送又は持参してください。
     なお、提出いただいた書類は返却しません。

    【選考方法】 
    (1) 第一次選考
     ・申込書、履歴書、論文をもとに書類審査を行います。
     ・審査結果は、9月上旬に応募者全員に文書にて通知します。
    (2) 第二次選考
    ・第一次選考合格者を対象に、面接審査を行います。
    ・第二次選考は、本市内において1泊2日の日程で行い、面接審査のほか、試験的な地域おこし活動及び現地視察等を行う予定としています。
    ・日程は、第一次選考合格者の予定を確認の上、決定します。
    ・旅費は、基本個人負担としますが、遠隔地の場合、旅費の一部を助成します。
     ※山口宇部空港及び新山口駅をご利用の方は、送迎を行います。
    ・面接結果(合否)は対象者に文書にて通知します。
     ※選考内容についてのお問い合わせにはお答えできません。

    【応募先】 
     長門市役所企画政策課企画調整係
     〒759-4192 山口県長門市東深川1339番地2
     TEL:0837-23-1229  FAX:0837-22-0135
     E-mail:chosei@city.nagato.lg.jp